うみのあお、そらのあお

BLOG うみのあお、そらのあお スタッフブログ

2016.9.29(木) イベントレポート
【イベントレポート】16年9月9日『これから働きたいママのためのプレおしごと講座』~ネイルサロン編

9月9日に開催しました、『これから働きたいママのためのプレおしごと講座』。今回は、「お教室サロンコース」のネイルサロン編です。茅ヶ崎市でネイルサロンを経営されている、鳥居絵梨さんを講師にお迎えしました。

__________________________________

講師プロフィール

ネイリスト 鳥居絵梨さん

neil_profile_500

専業主婦、OLを経てネイリストの資格を取得。現在は、3店舗のネイルサロンを経営。私生活では、11歳(小学6年生)の男児の母。

Melia Nail - Sea Side Resort -(本店 HP
Melia Nail - Town Resort - (茅ヶ崎駅北口2号店HP
Petit Melia(サザン通り沿いの3号店 HP

__________________________________

それでは、以下の目次に沿って、講座内容の概要をご紹介しましょう。

===========

【目次】

Ⅰ 開業までのプロセス(始め方のポイント)
Ⅱ 開業後のプロセス(広げ方のポイント)
Ⅲ 成功のポイント
Ⅳ 現在のワークスタイル
Ⅴ 働く上で大切にしていること

===========

―鳥居さんは、専業主婦、OLを経て、ネイリストを目指されています。まずは、どうしてネイリストを目指すようになったのか、教えてください。

鳥居:OL時代は毎日同じことの繰り返しが多く、次第に「もっと好きなことを仕事にできないかな」と考えるようになったんです。元々ネイルが好きでネイルサロンに通っていたこともあり、ネイリストになりたいと思うようになりました。

―なるほど。鳥居さんは、次のような4ステップを踏んで開業の準備をされています。ステップごとにお話を伺っていきましょう。

%e5%a7%8b%e3%82%81%e6%96%b9%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88

【ステップ1】職業訓練校と専門学校で技術習得

―まずは、職業訓練校と専門学校でネイルの技術を学ばれています。職業訓練校というのは、国が主催する、求職者の技術習得のための学校のことですね。職業訓練校では、どのようなことを学ばれたのですか?
(※2016年9月現在、神奈川県では職業訓練のネイリスト養成コースはございません。)

鳥居:3か月間、1日6時間の授業を週5日受けていました。主に、ネイリスト検定3級を取得するための勉強です。爪のケア、マニキュア、ネイルアート、ジェルネイルに関する実技や、ネイルの歴史、爪の構造等を学ぶ座学もありました。

―資格がないとネイリストになれない、というわけではありませんが、最近は資格を取得する方が多いそうですね。主に、「ネイリスト検定」と「ジェルネイル検定」というものがあります。詳細は次の通りです。

%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e8%b3%87%e6%a0%bc

―3級は基礎的な内容が多く、合格率も88%とのこと。独学で取得することも可能でしょうか?

鳥居:はい、きちんと勉強すれば、独学での合格も可能だと思います。ただ、当然学校に通うとポイントをわかりやすく教えてもらえますから、学校に通えば合格への近道にはなりますよね。

―なかには、サロンを併設していたり、短期講座を開催していたりする学校もあるそうです。短期講座を受講して、向き不向きを判断するのもいいかもしれません。一般的には、ネイリスト検定2級以降になれば、サロンワークで通用するレベルだと言われています。
鳥居さんがネイリストを採用する際は、資格は重視されていますか?

鳥居:そうですね、私は資格に関しては参考までにしか見ていません。もちろん、ネイリスト検定2級やジェルネイル検定中級を取得していれば、「そのくらいの技術をお持ちなんだな」と思いますが、実際の技術や接客に関する部分も重要ですので、総合的に判断させていただいています。
ただ、資格を取得する・しないは別として、サロンワークでお客様のご要望にお応えしようと考えるなら、それぞれネイリスト検定2級、ジェルネイル中級程度の技術は必要だと思います。なお、最近はジェルネイルが主流なので、ジェルネイルの技術を習得するのがより実用的で重要となります。

―職業訓練校に通った後、鳥居さんはさらに専門学校にも通われていますが、これはどうしてでしょうか?

鳥居:私が通った荒川あり先生主宰の専門学校は、ホームサロン開業を目的とする人向けの講座でした。開業を念頭に置いていたので、その点が魅力的だったんです。荒川先生のアートが好きだったことと、自爪を傷つけないジェルネイル(パラジェル)について学べることもとても魅力でした。当時は爪を削らないとのせられないジェルネイルばかりだったので。

―実際に学んでみていかがでしたか?

鳥居:パラジェルやジェルアートについてはもちろん、開業に関してのサポートもしていただけたのが、とてもありがたかったですね。集客のノウハウや、価格設定等、参考になった授業がたくさんありました。

 

【ステップ2】ネイルサロン勤務や出張サロンを経験

―鳥居さんは、荒川先生の専門学校と並行してサロン勤務や子育て中のママ向けの出張ネイルを開始されていますが、大変だったのではありませんか?

鳥居:当時は子どもが小学校1~2年生でしたので、平日や土曜日は学童保育に預けてサロン勤務と専門学校への通学をしていました。確かに大変ではありますが、日曜日はお休みをいただけましたし、OLとして勤務していた頃とあまり変わらない範囲内で調整していましたね。

―サロン勤務を始めた頃は、ネイルサロン3級を取得されている段階ですが、その段階で、かつ日曜日はお休みをもらうという条件でもお仕事があるんですね。

鳥居:「HotpepperBeauty」に載っている求人広告などをみて探したのですが、ありがたいことに見つかりました。ネイルサロンは土曜日が忙しいケースが多く、意外と日曜日はお休みのケースもあるくらいです。
当初、サロンのオーナーからも、子どもがいることで急なお休みがあることを心配されましたが、やる気を買っていただけたのかな、と思います。
結果的には、幸い子どもも熱を出すことなく、一度も休まずに勤務できました。具合が悪そうだったら、早めに病院に行くことを心掛けていたので、それもよかったのかもしれません。
ケースバイケースですが、もしかするとネイリストが多いネイルサロンのほうが、急なお休みにも対応しやすいかもしれませんね。

―ネイルサロンでお仕事することで、どんなメリットがありましたか?

鳥居:決まった時間のなかで効率よく施術するスキルや技術力は、やればやるほど身に付くと思います。また、接客力、お客様のニーズ、サロンの経営方法等、色んなことを学べました。サロン勤務を経ずに自宅で開業する人もいますし、それでもいいと思いますが、より経験を積んで技術を磨きたいなら、オススメですよ。

―必須ではないけれど、特に店舗展開を考えている人は、サロン勤務を経験したほうがよさそうですね。

 

【ステップ3】自宅サロン開業準備

―では、ステップ3の「開業準備」についてもお伺いしたいと思います。開業にあたって何をどれくらい準備されましたか?

鳥居:学校に通っている頃に基本的なものは少しずつそろえていましたので、差し迫って購入しなければいけないものはありませんでした。ジェルのカラーやストーン、パーツ等も、一気に購入したというよりは、開業してから少しずつ増やしていったイメージです。
テーブルやいすについては、私はネイル専用のものを用意しましたが、それらを安価な家具店で購入するなど工夫すれば、もっと出費を抑えることも可能だと思います。

―もしも、すぐにたくさんの集客を求めないのであれば、広告を出さずに始めるという手もありますね。

%e5%a7%8b%e3%82%81%e6%96%b9%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88

 

【ステップ4】自宅サロンオープン

―オープン当初、午前1名、午後2名の予約を受け付けて、土日はお休みにされたそうです。問題はありませんでしたか?

鳥居:お客様は子育て中の主婦の方が多かったので、平日午前中をご希望の方が多かったんですね。私自身の生活スタイルと近いお客様が多かったので、土日をお休みにしても平気でした。

―OLさんがお客様の場合ですと、終業後の時間帯が混みそうですが、お客様の層によって大きく変わるんですね。その頃も、お子様は学童保育に?

鳥居:いえ、もう当時は小学校3年生くらいでしたから、学童にはいかずに15時~15時半頃帰宅し、その後自分でお友達と遊びに行っていましたね。17時頃までには帰宅しますので、私もその頃までに施術が終わるよう調整していました。長期休暇中も、子ども部屋にいるか、遊びに行くか、どちらかが多かったですね。

―お子さんが大きくなってくると、働き方に自由度が出てきますね。お子さんが幼稚園児の場合でも、例えば予約を午前中1名、午後1名程度に抑えるなどすれば、お子さんの年齢に合わせた働き方が可能かもしれません。
では、開業後に苦労されたことはありますか?

鳥居:自分1人でやっていましたから、具合が悪いときは辛かったですね。出来るだけ体調管理には気を配っています。また、フォローしてくれる上司や同僚もいませんから、クレームを出さないように気をつけました。ネイルの見本等を使いながら、念入り過ぎるくらいにお客様のご要望を伺い、丁寧にカウンセリングすることを心掛けていますね。

―要望を伝えるのが上手なお客様もいれば、あまりお得意でないお客様もいらっしゃると思います。コミュニケーション能力も求められますね。

 

Ⅱ 開業後のプロセス(広げ方のポイント)

―では、次に事業の広げ方について伺っていきましょう。鳥居さんは、自宅サロンオープンの11か月後に2号店を、この春に3号店をオープンして株式会社にされるなど、非常に順調に店舗を拡大されています。

2%e5%ba%97%e8%88%97

 

―店舗経営に踏み出すのは、かなり思い切った決断のように思えますが、元々店舗を持ちたいという思いはあったんですか?

鳥居:「絶対店舗を!」とは考えていませんでしたが、ありがたいことに自宅サロンをオープンしてから半年で予約がいっぱいになり、予約をお断りしなければいけない状況になってしまいました。よりたくさんのお客様を受け入れられるように、店舗展開を本格的に考え始めたんです。そんなときに、ちょうど「ここだ!」と思える物件に出会え、決断しました。

―お店を作っていく上で、どんな点にこだわりましたか?

鳥居:当時はあまり空間にこだわらないネイルサロンも多かったので、そういったサロンとの違いを出せるように、清潔感、統一感にこだわりました。

―かなり施工期間は短かったようですが、これはなぜでしょうか?

鳥居:そうですね。契約時点で家賃が発生してしまうため、早くオープンしたいと考えました。スケルトン物件(内装・設備がなく、「箱」の状態)の施工でしたので、水回りやバックルームなども作る必要がありましたが、施工期間は1か月かからないくらいでやっていただきましたね。

―その後、いよいよ2013年10月に2号店オープンとなりましたが、オープン後のご苦労についてお聞かせください。

鳥居:やはり、スタッフを抱えて自分が上の立場に立たなければいけないことにプレッシャーを感じていました。荒川先生に相談することも多かったです。

―自分だけではなく、スタッフさんの分のお給料も払わなくてはいけないとなると、相当責任の重みが増すかと思います。そんなときに相談できる方がいるのは、心強いですね。卒業後もサポートを受けられるような学校に通っていると、こういった場面で大きなメリットを享受できるように思います。
ちなみに、夜間までサロンがオープンしていますが、その間お子さんはどうされていたのでしょうか?

鳥居:当時4年生くらいでしたので、夜間はスタッフに任せて私はなるべく早く帰るように心がけていましたね。

―なるほど。人材育成はこういった場面でも大事になってきますね。

 

Ⅲ 成功のポイント

―さて、鳥居さんはここまで成功されているわけですが、ここでは、成功のポイントをマーケティングの「4P(Place、Product、Price、Promotion)」に沿ってみていきましょう。

%ef%bc%94p

 

【Place】お客様のニーズを捉えた特徴的な店舗

―まずは「Place(店舗)」です。
自宅サロンは現在予約を受け付けていらっしゃらないそうですが、自宅サロンと、現在稼働している2号店と3号店、それぞれのコンセプトを教えてください。

鳥居:自宅サロンは、海を見ながらゆっくりとネイルができる、というのがコンセプトでした。
2号店は、茅ヶ崎駅の北口近くという立地で、白を基調に。海をイメージし、リラックスできる空間を心掛けましたね。仕事帰りのOLさんが多くいらっしゃるので、10時~22時(最終受付20時)まで営業しています。
3号店は、キッズルームを用意して子連れのママさんたちに気軽にお越し頂ける店作りを心掛けました。駅から離れているので駐車場を完備し、完全定額制にすることで時間短縮を図っています。忙しいママさんたちも、気軽にネイルが楽しめるようになっているかと思います。

―お客様の立場に立って、本当に「行きたい」と思わせる店舗の作り込みをされていますね。

 

【Product】爪に負担のないパラジェルを使用し、高い技術で美しく仕上げる

―次に、Productに関してですが、専門学校時代から鳥居さんは爪に優しいパラジェルを使用されていますね。

鳥居:そうですね。当時は度重なるジェルネイルで爪が薄くなってしまい、ネイルを続けられなくなってしまう方も出てきていました。パラジェルなら安心してネイルを楽しんでいただけますし、持ちがすごくいいんです。通常のジェルネイルは3~4週間程度の持ちですが、パラジェルは5~6週持つことも多いです。

―魅力的な商品ですが、パラジェルには技術力が必要と伺っています。

鳥居:そうですね。基礎的な部分をしっかり学ばずに施術すると、すぐにとれてしまうんです。技術の取得や人材育成にも力を入れ、安心した技術を提供できるようにしています。

―ネイルのデザインに関してはどうお考えですか?

鳥居:当店では、基本的に「ノー」とは言いません。お客様のご要望がどのようなものでも、仕上げるよう教育しています。悩むこともありますが、「できません」と言ったことはないですね。もちろん、「ニュアンスネイル」など、全く同じものを作るのが難しいネイルもあります。そういう場合は、ご要望になるべく近づける努力をする上で、事前にしっかりとお客様にご納得いただけるよう丁寧にご説明しています。

―基礎的な技術とコミュニケーション力が、安定したProductの提供を支えているんですね。

 

【Price】価格設定を工夫し、リピートを促進

―価格設定について、皆さん悩まれることが多いですが、どのように決めていらっしゃいますか?

鳥居:まずは、周辺のネイルサロンの価格を十分にリサーチし、平均値を割り出して参考にしました。ただ、当店はパラジェルを使っているため、使用している材料費が高額です。どうしても、平均より500~1,000円程度高くはなってしまいます。

―少し周辺よりも高くなっても、安心できるジェルネイルで、安定した技術力、という強みがあると、お客様の支持を集められるんですね。キャンペーンなどをされることもありますか?

鳥居:初めてのサロンはどうしても不安な気持ちがあると思います。また一度体験していただければ、よさを体験していただける自信があるので、初回来店時のみ特別価格でご提供しています。また、2回目以降のご予約も、施術後その場でとっていただける場合は、特典をつけています。

―リピートしやすい工夫がされているんですね。

鳥居:はい。ただ、もちろん「もう1回来たい」と思っていただけるネイルのご提供、接客が大前提だと思いますので、そう思っていただけるようにスタッフにも教育しています。

―当初お友達にもネイルをされていたかと思いますが、「お友達価格」からの脱却は難しくありませんでしたか?

鳥居:そうですね、自宅サロンの開業をひとつの区切りとしていました。当初、お友達に少し安くネイルを提供することもありましたが、「その分宣伝してね!」とお願いしていましたね。

―なるほど、それならお友達関係が壊れることもありませんし、しっかりとサロンの経営に結びつくような工夫をされていたんですね。

 

【Promotion】お客様に安心して通っていただけるための工夫

―最後に、Promotionについてです。鳥居さんは広告やSNS、HP等を使って販売促進活動をされていますが、工夫点を教えてください。

鳥居:新規のお客様に来ていただくためには、やはり「HotpepperBeauty」などの広告に出稿するのが効果的だと感じています。もちろん、無料のSNSやブログもおおいに活用すべきだと思いますので、サロンの雰囲気を感じていただけるように、積極的に更新しています。コツコツブログを更新することで、検索順位が上がっていき、お客様の目に触れる機会も増えますよ。

―鳥居さんは自宅サロンオープン時から、ホームページも作成されていますね。ホームページのメリットはありますか?

鳥居:最初は、ありがたいことに、お友達が開業祝いにと作ってくれたんです。やっぱり店舗のことを知っていただくためにあったほうがいいですし、ホームページがあることで、お客様も安心しやすいかとは思いますね。

 

Ⅳ 現在のワークスタイル

―次に、鳥居さんのワークスタイルについてお伺いしていきましょう。まず、1か月のスケジュールを教えていただきました。

1%e3%82%ab%e6%9c%88%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%ab

 

―月曜日~土曜日まで、ほとんどがサロン勤務となっています。小学校の行事には参加されていますか?

鳥居:はい、しています。授業参観等の行事日程は事前にわかりますので、ご予約いただく際にはすでに予定がわかっていますから、ほかの日にしていただくなどご調整させていただいています。

―なるほど。ネイルは夏が繁忙期のため、上記スケジュールはほとんど自由な時間がないように見えますが、予約と予約の合間がある際には、趣味のサーフィン等も楽しんでいらっしゃるそうです。
次に、1日単位の流れも見ていきましょう。

1%e6%97%a5%e3%81%ae%e6%b5%81%e3%82%8c

―10時頃から21時半頃まで、すごく長い時間働いていらっしゃいますね。

鳥居:子どもが6年生になって塾に通っていますので、その時間に合わせて働く時間も長くしています。サロンのそばの塾に通ってもらい、一緒に帰れるようにしていますね。ただ、毎日このような日ばかりではありません。なかには、午前中のみで仕事が終わる日もありますよ。

―6年生ともなると、もう寂しがることはありませんか?

鳥居:もちろん人それぞれだと思いますが、我が家の場合は、もう誘っても一緒に遊んでくれないですね(笑)。ただ、普段忙しい分、塾の送迎の時間など、一緒にいる時間は大切にしたいと思っています。

―お子さんの年齢が上がるにつれて働く時間をのばすなど、すごく柔軟な働き方をされていますよね。参考になります。

 

Ⅴ 働く上で大切にしていること

―では、最後に働く上で大切にされていることを教えてください。

鳥居:いい商品、いい技術、いい接客でお客様に喜んでもらいたい。そういう想いでずっとやってきました。お越しいただいて、こちらが御礼を言うべき立場にも関わらず、逆に「ありがとうございます」とおっしゃってくださるお客様が本当に多いんです。ネイリストは本当に幸せな職業だな、と日々感じます。
また、ネイルサロンに通われる方は、美容院に通っている方よりずっと少ないです。まだまだ伸びしろのある業界ですので、もっとたくさんの方にネイルの楽しさを知っていただけるよう、努力していきたいと思います。経営者としては、スタッフが働きやすい環境づくりをすることにも力を入れていきます。

―貴重なお話をありがとうございました。

__________________________________

短い期間で、子育てをしながら学校に通い、サロン勤務や出張ネイル、自宅サロン・店舗オープンと積極的に事業を展開されてきた鳥居さん。普段聞けないような具体的な部分まで、快く丁寧に教えていただきました。

順調な事業拡大の裏に、鳥居さんのお客様やネイルへの強く熱い想いも感じられたかと思います。ぜひ、参考にしてください。